【旅の前に】海外旅行を安全に過ごすコツをご紹介

2019-06-08 0 投稿者: Bob

いつもありがとうございます

今日は世界33カ国を旅して来て、「危機管理」の観点から感じた事を綴りたいと思います

皆さんも海外旅行をする際に、治安を気にすると思います

エジプト・カイロのスラム街

危険地に敢えて行きたいという人は、そうそういないですよね笑

私は今まで幸いにして物を取られた事はありませんし

危険な目にあった事もありません

ボッタクリは色々な所でやられてるでしょうが

それはある程度目をつぶってます

運がよかっただけかもしれませんが

自分の中でルールを決めて行動していました

そんな私が気をつけていたのは下記のルールです

  1. 周りの人々
  2. エリアや時間
  3. 存在感やポジション

1.周りの人々

ですがこれは周りの人々がどんな人なのかを察する力です

私の経験上、女性と子供がいる場合には危険レベルは下がります

そもそも危険な場所であれば、女性と子供ははのような場所には行きません

常に、道を歩く時は女性と子供がいることを確認していました

また、多くの観光客がいる場所、これも安全であると言えると思います

周りの人々をよく見て行動する事をオススメします


2.エリアや時間

これも重要です

海外においては、経済レベルで住むエリアが違っていたりします

富裕層は富裕層で住むエリアがあり、貧困層は貧困層で集まって暮らしている事が多い印象です

やはり、貧困層の住むエリアに行くと、危険レベルは上がります

私も何度か踏み入れてしまったなーと感じる事はありましたが、無事こうやって生きています

どうやって感じるのか

これも難しくありません

•道路が舗装されていない

•ゴミが散乱している

•子供達が物乞いをしてくる

•落書きが多いetc

以上のエリアに入ってしまったなーと思ったら、自分の警戒レベルを上げる必要があると思います

そうそう殺されたりはしませんが、スリなどに会う可能性がグッと上がっています

時間は言わずもがなですが、夜にそういうエリアに立ち入れば危険レベルはMAXと言っても良いでしょう

このレベルまで来ると、身体に危害を加えられる可能性が高まっていると考えられます


3.存在感やポジションに注意すべし

スラム街などに入った場合でも、必ずスリにあう訳ではありません

彼らから見つかって、狩りのターゲットにちょうどいいなーと思われた時に狙われます

ここで重要になるのは存在感を消す事だと思います

存在感を消すというのは、服装や言語etc…

私は海外に行く際には、日本では引かれるくらい使い古したTシャツと、旅をする中でボロボロになったショルダーバッグで旅をしていました

いかにも貧乏人です

誰から見ても、あまり金を持ってそうには見えない格好にしていました

ステルス服があれば1番なのですが笑

そして、ひとり旅なので日本語を話して目立つ事もありません

終始無言でそのエリアを抜け去ります

怪しいエリアに入ってしまったなと感じたら、存在感を消して足早に通り過ぎましょう

そして、ポジション取り

人間、背後には目がついていませんね

目の前から狙われればなんらかのリアクションが取れますが、背後からの襲撃には対処のしようがありません

私は、背後に人がいる事をリスクだと考え常に警戒してきました

背後に人が来たら、先に行ってもらうなどして背後からの人の接近を回避してきました

また、どうしてもガイドブックを開く必要やスマホで現在地と目的地を確認する必要がある場合、背後を壁にして立ち止まって確認していました

スマホのチェックやガイドブックを読む行為は、そこに意識がいってしまうので周りの動きに鈍感になります

長時間の確認が必要な場合、レストランやファーストフード店に入って確認した方が無難です

数百円で安全が買えます笑

ましてや、友人などと旅行をする場合ガイドブックを見ながら揉め事などは存在感も高まりますし

また、周りが見えなくなりますので危険な行為だと考えます


いかがでしたでしょうか

海外では日本では怒らないような事が起こりえます

しかし、危険な目に合うリスクは自分の努力次第で減らすことができます

日本では気にする事はほとんどないと思いますが海外では自分の身は自分で守る意識が必要となります

また、万が一被害にあってしまっても警察も頼りにならない国もあります

被害にあってからは対応がより難しいものとなります

少しでもご参考にしてもらい、安全な海外旅行を楽しんでもらえれば幸いです!

私も猫に夢中になってる時は危なかったんだなーと、反省しています

ギリシャ サントリーニ島の猫