【駐在から帰国】帰国後に感じる逆カルチャーショックや違和感

【駐在から帰国】帰国後に感じる逆カルチャーショックや違和感

2019-07-04 0 投稿者: Bob

いつもありがとうございます

今日は私の事を書きたいと思います

私は31歳のサラリーマンです

今は日本で仕事をしていますが、3月末までシンガポールに駐在をしていました

海外を見てしまった分、日本企業の働き方で違和感を感じる事が多々あります

ニーズはあるか分かりませんが、そんな事を書きたいと思います

海外駐在中の方、これから海外勤務を考えている方に参考にしてもらえると嬉しいです


メリット

1、英語力が向上

シンガポール駐在前はTOEIC800点くらいでしたが、帰国前に受けたところ930点まであがっていました

スコアだけで向上したと言い切れない部分はあると思いますが、日々英語の書類を読んだり、会議をしたりする中で一定の効果はあったのかなと思っています


2、異文化理解力&対応力が身につく

海外での勤務は日本の常識で物事を進めようとしてもなかなかうまくいきませんでした

会議も時間通りに始まらない

言いたいことはダイレクトに注文がくる

そんな中で仕事をする事で、異文化理解力や対応力が身についたと思います

ミスがあって当たり前のような環境でもあったので、耐性がついたかなとも思います

ミスしても死なないじゃんと

前向きに考える事もできるようになりました


3、海外に人脈ができる

海外で勤務してると当然外国人の知り合いや同僚もできますし、日本人でも日本においては出会わないような方々と出会います

人脈ではありませんが、芸能人なんかもガードが緩い状態で何度か見かけた事があります

人生としてトータルで考えた場合には、海外に友人が出来たことはとてもいい経験となったかなと思っています



デメリット

1、日本で浦島太郎状態になりかねない

当然の事ながら、日本の事情に疎くなります

時事的なものもそうですが、変化の早い今の時代は仕事自体もガラッと変わっている事があると思います

私も今現在、国内の仕事にキャッチアップする事に苦労しています


2、日本の文化に違和感を感じてくる

海外といっても色々あるので一概には言えませんが、私は過度な接客や会社の為に個人が犠牲になる事に違和感を感じるようになりました

行く前は当たり前だと思っていた価値観がひっくりかえってしまいました

また、転職も当たり前の文化に囲まれていたので転職を考えるようになりました

買い物に行った際にも、丁寧ではあるのですが店員さんの画一的な挨拶や作り笑いに違和感を感じるようになりました



3、ストレスや健康

異国で過ごすという事はストレスがかかる事だと思います

人によっては健康を害してしまい、帰国した方もいました

発展途上国などであれば余計に、健康でいる事がより大事になると思います

最悪の場合には、近くに治療のできる場合がないケースもあると思います


最後になりますが、そのほか海外赴任手当がついた点やシンガポールは小さな国なので海外旅行をして世界中の猫に会えた点もよかったです

帰国後は逆カルチャーショックと、サービス残業の激務の中で戸惑っているのが今の現状です

メリット、デメリットはありますが私はまた海外で働いてみたいと思っています

読んでいただき、ありがとうございました