【要注意・必見】日本人が違反しかねないシンガポールの変な法律をご紹介

【要注意・必見】日本人が違反しかねないシンガポールの変な法律をご紹介

2019-08-02 0 投稿者: Bob

シンガポールは非常に犯罪率が低い国ですが

それよりも変な法律がよく知られていますね

唾を吐いたら罰金など、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか

よく、シンガポールは英語で

Fine city

と言われますがこれには2つの意味があります

1つ目はfine(よい)

2つ目はFine(罰金)

の都市という事で皮肉な表現をされています笑

そんなシンガポールの、油断すると違反しかねない法律の一部を紹介します



他人のWI-FIに繋いで罰金

シンガポールでは、他人のWI-FIに繋いで使用をすることは違法となります

Computer Misuse and Cybersecurity Act(コンピューター悪用及びサイバーセキュリティ法)で定められていて違反した場合には

10,000SGD(約80万円)の罰金もしくは最長3年の懲役またはその両方

が課されます

実際にシンガポールでは17歳の少年が近所の人のWI-FIを使って保護観察処分となっています

日本と違って16歳から刑罰の対象となりますので、修学旅行の高校生は油断しないでくださいね


鳥に餌をやる

これも日本人はやりがちかもしれませんがシンガポールでは鳥への餌やりは違法です

500SGD(約4万円の罰金が科されます)

2018年7月の記事では、2人の男が鳥への餌やりにより450SGDと1,500SGD(5つの罪合計)の罰金を科されたとの記事が載っています

英語ですがソース記事STRAITS TIMES


トイレの流し忘れ

旅行でシンガポールに行った際には流し忘れにご注意を

公共トイレで使用後に流し忘れると

150SGD(約12,000円)

の罰金です

シンガポールでは、エレベーターにもセンサーが付いていてエレベーターで小便をすると

警察が来るまでエレベーターに閉じ込められるという話も聞いたことがあります

まあ、する日本人はいないと思いますが笑


いかがでしたでしょうか

よく、シンガポール人の友人に笑い話で聞いていたのは

公共物に落書きをするとムチ打ちの刑

です

ムチ打ちといっても、とてつもなく痛いそうで大人の男が気絶するレベルとのことです

その他有名どころも含め日本人が注意すべき法律は

・電車やバスで飲食すると罰金

・唾を吐くことも罰金

・ガムを持ち込む事、噛むことも罰金

・室内でたばこも罰金

などでしょうか

もっと面白い法律はあると思うので見つけ次第アップをしていきます

なぜ、シンガポールがこんな国になったかを知りたい方は↓の記事を読んでみてください

実際に行ってみたい方は航空券の比較ができるスカイスキャナーがおススメです

スカイスキャナーのHPへ

スカイスキャナーの航空券比較



もしお役に立った方、、、

クリックをお願いします↓


人気ブログランキング