【シンガポール唯一の世界遺産】ボタニック・ガーデンをご紹介

【シンガポール唯一の世界遺産】ボタニック・ガーデンをご紹介

2019-08-03 0 投稿者: Bob

シンガポールにも世界遺産があることはご存じでしょうか

シンガポール唯一の世界遺産はボタニック・ガーデン(Botanic Garden)といいます

日本語ではシンガポール植物園と呼ばれているようです

2015年7月にユネスコ世界遺産に登録をされました

世界遺産は英語でworld heritageといいます

世界遺産としての歴史は浅いのですが、実は1859年にシンガポール創設者のスタンフォード・ラッフルズによって作られています

従って今年は、創設160周年となります

植物園の中では、日本軍との関りを見ることもできます

そんなシンガポール唯一の世界遺産を紹介したいと思います


ボタニック・ガーデン概要

名称:Botanic garden
住所:1 Cluny Road, Singapore 259569, Singapore
営業時間:5:00~0:00
Tel:+65-6471-7138
入場料:無料
面積:63.7ヘクタール(東京ドーム約13個)

公式サイトへ(英語)




アクセス

シンガポールの地下鉄MRTで青のDowntownラインに乗車します

その名のとおりですが、Botanic Garden駅という駅が最寄り駅となります

Botanic Garden駅から出た場合には、Bukit Timahゲートという入り口が出発点となります

入り口は複数ありますし、目的に応じてタクシーなどを使って別な入り口を利用するのもいいかなと思います


見どころ

Bukit Timahゲートから入ってまず現れるのがEco lakeです

よく見ると黒鳥がいます。そしてこの雲は雨が降る予兆です

ここは、家族や友人たちとの憩いの場になっているようでピクニックをしていたり、フリスビーなどで遊んでいるシンガポールの人々を見ることができます

池には黒鳥やカモなどがいることもあります

日本では見れないような植物もあります

一番の見どころはナショナル・オーキッド・ガーデンです

ここは有料(大人1人5SGD)の施設となりますが、1,000以上のランの原種と2,000以上の交配種が6万株も展示されています

是非訪れてみてください

大きなトカゲにも出くわします

訪れる際の注意点

個人的に思う注意点やオススメする携帯物は下記のとおりです

スニーカー:公園内は非常に広く道は舗装されていない場所もあります
虫よけ:シンガポールに蚊はあまりいませんが、ここでは携帯をオススメします
水分補給:公園内にお店はありますが、シンガポールの日中はとにかく暑いです
折り畳み傘:シンガポールでは、スコールがやってきます
禁止行為:タバコ、釣り、ドローンetc…↓

鳥にエサはやらないでください

もし参考になった方、下記をクリックお願いします


人気ブログランキング

スカイスキャナーのHPへ(航空券を比較できます)

シンガポールのツアーをVeltraで探す